プロローグ

〇発端

11月。仕事中に仕事するふりをしながら休みの予定でも考えようと、カレンダーを眺めた私はあることに気が付きました。

・・・今年のクリスマス3連休じゃん。

 

そのような、キラキラしたリア充イベントとは無縁な私は、

早速これまた無縁なリア友へ連絡します。

「おい、今年クリスマス3連休だぞ、これはもう誰かの家に集合して

一晩ゲームしまくろうぜwwwクリスマスは中止してゲーム大会だぜwww」

 

リア友A「え、うー、その日はちょっと・・・」

リア友B「・・・お昼だけなら」

リア友C「じゃあ俺もやめとくー、まだどうなるか分からんしー」

 

・・・ふ~ん、そうなんだー、君たちふ~ん、へー忙しいんだその日

 

何と友情とは儚いものでしょう、あっさりと裏切られてしまっていたようです。

信じてたのに、君たちは私の味方だと信じてたのに・・・。

クリスマスと無縁な人間は私だけだったのです。

 

私はほとほと困り果ててしまいました。

何よりの問題は、私は性根が心底腐っているので彼らのことを全く許せないのです。

普段なら、クリスマスにひとりで過ごしてようが別になんとも思わないのですが今年は違います。

クリスマス当日、テレビを見ていても、ゲームをしていても、どこかへ出かけても、きっと心のどこかで「今頃あいつらは”お楽しみ”なんでしょうね・・・」とか思ってしまうに違いありません。

どうにかして、あいつらのことを考えずに済むような予定を考えなければ・・・。

 

そこで考えた私の対応策はこれです。

「クリスマス当日に死ぬほど疲れてぐったり休んじまえばいいんだ!」

そして、死ぬほど疲れるための手段が100キロマラソンだったのです。

 

また、

1.わざわざクリスマスに

2.大したマラソン経験もなく

3.腰痛が良くなったばっかりなのに(後述します)

100キロ走るのはきっと世界で私だけだろう、という謎のプレミア感にどこか心を惹かれてしまったのも大きな要因です。

 

〇自己紹介

 

まず、わたしについて書きます。

いえこもり、オタク系20代社会人♂、身長174cm、体重70キロ。

 

学生の頃は野球部だったりバレー部だったりしました。

スポーツ自体は人並程度にはこなせていたと思います。

ただし昔から持久走は大の苦手で、マラソン大会は下から10番目くらいでした。

 

また、腰痛持ちです。

正確に言うと、治りたてホヤホヤの「椎間板ヘルニア」です。

大学生のころから何となく腰が痛かったのですが、今年の4月ごろに急激に悪くなったので病院へ行ったところ、診断を受け、そこから毎日薬を飲みながら週1でリハビリに通う日々を過ごしました。

ただし、治療のかいあって症状はかなり良くなりました。10月ごろには日常生活で困ることもほとんどなく、リハビリ自体は年内で無事終了となりました。(マラソンスタートの3日前が最後のリハビリ日でした)

定期的に治療を受けることはなくなりましたが、今後も投薬自体は続ける予定です。

 

 

〇スタートまでの準備

11月の中頃ごろから仕事終わりにランニングのトレーニングをしました。

最初は2,3kmでしたが、そのうち平日に10kmくらいなら普通に走れるようになりました。また、本番の1週間前にリハーサルとして50km走りました。

逆に言えば、これしかしていません。はっきり言って準備不足だったでしょう。

 

後は、適当に服装等の装備を整えて終わりです。

今あるものを最大限活用した結果、追加投資は1万円程度で済みました。

一番高くても白いジャージ3000円です。

 

 

〇ルートについて

スタート地点は、スカイツリーにしました。

何となく、クリスマスでキラキラしてそうだからです。

あとは円状になるように適当に決めました。

 

f:id:iekomori:20161225232503j:plain

 

次:

①スカイツリーから赤羽付近まで(0~20km)

 

 

 

広告を非表示にする