読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⑤豊洲からスカイツリーまで(90km~100km)

f:id:iekomori:20161226002159j:plain

 

〇痛い

お台場を抜けた少し後でしょうか、

左足のマメがペリペリペリとはがれる感覚がしました。

皮膚が切れる感じです。

 

さらに、筋肉もかろうじて足が上がるものの、ふとももを中心に痛みで動きません。

足が棒になるとはよく言ったものです。

 

そして、極めつけは膝です。とうとう関節にも影響が出始めました。

右の膝の前の方がキリキリと痛みます。

 

あまり強調していませんが基本的に痛くなかった時間帯などほぼ皆無ですが

この時のマメがとくにしんどかったです。

一度左足を地面につけるたびに、ペンチみたいな何かで皮膚をねじられるような感覚でした。

 

結局最後の10kmは走ることができず、ほぼほぼすべて歩いていました。

 

f:id:iekomori:20161226002404j:plain

 

f:id:iekomori:20161226004013j:plain

 

〇虚無

痛みに耐えながら、わたしは考えていました。

「なにやってんだろ・・・」

 

なんでこんな痛い思いしなきゃいけないの?

別によくない?クリぼっちでもよくない?

わざわざ、こんな痛い思いするくらいだったら家でのんびりしてる方がよくない?

人の幸せ妬む理由ないじゃん?別に関係ないじゃん?

なにしてるの君?

 

この考えを思いついた時の衝撃たるや。

よくよく考えなくても、至極当然なのですが、当時の私には天才の発想に思えました。

何も反論できねえ…家にいるほうがいいよ…

 

100キロ走ったらきっと達成感があるだろう

100キロ走り切ったら何か自信を得られるだろう

100キロ走ればきっといつもとは違う景色が見られるだろう

 

スタート時にはそんなことを心の底で考えていました。

だからこそ、スタート前にどこかワクワクした気持ちがあったのです。

すべて幻想です。

100キロ走ったところで何も変わりません。

得られたのは虚無です。

貴重な休日を無駄にして、誰も得しないのに体を痛めつけて、結局当たり前の事実に気がついただけなのです。

 

早く家に帰ろう。

クリぼっち満喫しよう。

 

〇ゴール

さて無事にゴールしたわけですが、

もう、情緒もへったくれもありませんでした。

 

あるのは、家に帰れる安堵感です。

ツイッター用の写真を撮って一目散に駅を向かいました。

 

f:id:iekomori:20161226002640j:plain

 

ただ、今思えば、色々収穫はあったのだと感じます。

考えれば当たり前のことですが色々な気づきもありましたし、何だかんだ体力はついたし、

なによりツイッター上での応援は本当に励みになりました。

心の底から感謝を述べたいです。

 

もう二度とこんなことはしないでしょう。

わたしは普通の「いえこもり」に戻りたいと思います。

 

以上で、レポートを終わりたいと思います。

もしもご指摘・ご感想等あればいえこもり@kichisyumi までお気軽に。

駄文にお付き合いくださってありがとうございました。

 

2016/12/25 いえこもり