読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

②赤羽から二子玉まで(20~50km)

 

f:id:iekomori:20161225234557j:plain

 

ここまではいたって順調です。

案外あっさり行けそうだな、なんて舐めた思いが心に浮かびます。

 

さて、赤羽付近まで来たら環八(カンパチ)こと環状八号線をおよそ30km走り抜けることになります。

 

〇ペース・補給について

他の区間でもおおむね、走るとはいっても基本的に「だいたい4kmくらい走って1kmくらい歩く」を延々と繰り返していました。ただし、距離を重ねるごとに4kmが3km、2km・・・といった具合にどんどん歩く距離が長くなっていきます。

 

また、尋常じゃないカロリーを消費することも分かっていたので、コンビニを見つけたら積極的に食べ物や水分を補給していました。

 

 

 

練馬区のあたり

この辺りは住宅地で、基本的に人は全然歩いていませんでした。

駅周辺だとぽつぽつと見かけるものの、数分走ると誰もいなかったです。

道幅も広く、時々信号にひっかかるもののそこまで不快ではなかったです。

 

筋肉痛もまだ常識の範囲内で普通に走ることができています。ただ、左足にマメができそうだったので、一度靴下を脱いで足を乾かしました(たまたま見つけたコンビニのベンチを使いました)

 

 

f:id:iekomori:20161225235351j:plain

(普通の住宅地を走りました) 

 

〇家族連れと遭遇

信号待ちをしていると、4人家族が後ろからやってきました。

長女らしき女の子がキラキラ光るこういうやつ(キックスケーターと呼ぶようです)に乗ってて、

次女らしき女の子がディズニーの袋を持ってて、

ご両親が楽しそうにお話ししています。

誰がどう見てもクリスマスを満喫している家族です。近くの公園にでも行くのでしょうか。

私はすぐ1mくらい隣で信号を待っています。100km走ってます。一人で。

・・・その辺のカップルなんかよりよっぽど破壊力がありました。

 

f:id:iekomori:20161225235554j:plain

(ぶれまくってて何もわかりませんが、たぶん赤丸した部分が家族です)

 

〇階段とか

広い道路を走っているので、反対側へ渡る手段が歩道橋だったり地下道だったりすることもありました。

やはり階段だと平地よりもきついです。特に下り。

 

f:id:iekomori:20161225235837j:plain

 

 次:

③二子玉から川崎まで(50~65km)